信託銀行で働くデメリット

信託銀行求人トップ >> 信託銀行転職の基礎 >> 信託銀行で働くデメリット

信託銀行で働くデメリット

信託銀行で働くデメリットとして、常に金融マーケットの動向を学び続けなければならないためプライベートの時間が持ちにくいことと、営業ノルマを達成させるためのプレッシャーが強いストレスになることが挙げられます。信託銀行員は通常の銀行よりも平均年収が高いという調査結果が出ていますが、社内にも社外にも強い競争意識があり、その精神的ダメージが多い職種であると言えます。

信託銀行では常に相手先の資産の種類や金額に合わせ最適なアドバイスが求められます。自社の商品を把握し、顧客のニーズに合わせて勧めることは基本ですが、相手がこの人になら高額な資産を任せられると思わせる情熱が必要である反面、冷静に顧客にどのような商品が合っているのかを判断する力、つまりは対人力も重要となります。そのため常に最新の金融マーケット情報を把握しておくだけでなく、お客様に的確なアドバイスをして信頼を得られるように、金融関連の知識はお客様よりも常に上であり続ける必要があるのです。

信託銀行員は金融マーケット情報の勉強のために、終業時間とは別に自主勉強をしている社員が多く、終業時間が短くサービス残業も無いとは言っても、仕事以外の時間も金融関連の勉強を強いられることになります。さらにお客様から資産運用を受けて初めて信託銀行側の収入になるため、新規客を獲得できない、またノルマ以下の獲得数のまま改善されない社員は、会社内で淘汰されるか、成績の悪い社員自体のストレスが悪化し退職してしまう行員も存在します。

同期で入った社員とは常に数値で比べられ、見えない競い合いをしているのが信託銀行で働く社員たちに課せられており、その競争に勝ち抜くため業務以外でも常に金融関連のリサーチ、会社内の商品に関する勉強などは常に行い続けている方が多いです。

離職率は低い信託銀行の社員ですが、それでも退職したり他業種へ転職したいと考える人であっても、給与や休日、残業時間といった待遇面に不満を持つ人は少ない傾向にあります。その代わり常に仕事のことを考え続け、常に移り変わる信託銀行の商品を勉強し、金融マーケット情報とともに目まぐるしく変化するため、信託銀行の社員間で一定の成績を上げ続けることは並大抵のことではありません。

これをやりがいだと感じ常に努力や勉強を怠らない社員にとっては信託銀行の業務は相性が良いですが、やはりほとんどの信託銀行社員にとってはストレスの種、精神的苦痛が信託銀行で働くデメリットであると感じているようです。

信託銀行の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国対応 詳細


TOP

信託銀行転職の基礎

条件別の信託銀行求人

大手信託銀行の採用情報


Copyright (C) 2014-2017 信託銀行求人ナビ【※金融業界での転職成功へ!】 All Rights Reserved.