信託銀行の残業

信託銀行求人トップ >> 信託銀行転職の基礎 >> 信託銀行の残業

信託銀行の残業

金融業界で働くと、日々さまざまな業務を行うことになります。配属される部署によって異なりますが、顧客対応や融資の相談、資料作成や各種事務作業など、勤務時間内でこなす業務は決して少なくありません。場合によっては残業が必要になることもあります。このため、金融機関などで勤める場合は多少の残業を覚悟しなければいけないのです。

信託銀行で働く場合も残業はあります。特に顧客との商談や取引の終盤に差し掛かっている時期や、重要な融資の相談を受けているときは、各種情報収集や資料作成、精査などが必要となるため、残業しなければいけない場合もあるのです。信託銀行では、取引や融資に関しては時間との勝負であり、顧客が希望する時期までに融資の判断などを行う必要があります。実際の決断は支店長や上司が行いますが、そのための資料作成や事務作業が発生し、業務時間だけで間に合わないと判断した場合は、残業をすることになるでしょう。

ただし、必ずしも残業が発生するとは限りません。信託銀行は常に多忙というわけではなく、重要な取引や融資相談・商談などが無い場合は残業をする必要がないこともあります。通常時は勤務時間中に業務を終えられることが多いため、残業の必要性もほとんど無いのです。信託銀行での残業は、あくまで多忙な時期で、かつ必要性が認められる場合のみ、と考えておきましょう。

また、残業は時間外勤務となるため、残業手当も支給されます。残業を行った場合は必ず手当を貰うようにしましょう。ただし、業務時間とは別の扱いとなるため、残業申請が必要になるケースも考えられます。

信託銀行によっては残業を認めていない場合もあります。また、雇用形態によって就業規則が異なり、残業が禁止されている可能性も無いとは言えないのです。例えば派遣社員として働く場合、就業規則で残業を禁止していることも考えられます。もし残業をすることになった場合、事前に上司への相談や申請、あるいは行うにあたって相応の理由が必要になる可能性もあります。

いずれにしても、信託銀行で働く際は残業の有無をチェックしておくと良いでしょう。仮に残業することになった場合、上司の許可が必要かどうか、残業手当の申請方法など、確認するべき点も少なくありません。残業について就業規則で定められていることもありますので、不明点は上司に確認するか、就業規則をチェックするようにしましょう。確認を怠ると、後でトラブルになるおそれもあります。

信託銀行の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国対応 詳細


TOP

信託銀行転職の基礎

条件別の信託銀行求人

大手信託銀行の採用情報


Copyright (C) 2014-2017 信託銀行求人ナビ【※金融業界での転職成功へ!】 All Rights Reserved.