信託銀行で活きる資格

信託銀行求人トップ >> 信託銀行転職の基礎 >> 信託銀行で活きる資格

信託銀行で活きる資格

転職を行う際には、それぞれの業界や職種において、有効に働く資格というものが存在します。転職活動にアドバンテージになる資格は、それぞれの職種において確実にありますし、特に信託銀行のような転職を成功に導くことが非常に難しいものである場合には、これらの資格を取得し、少しでもアドバンテージを獲得しておく必要があると言えるでしょう。ここでは信託銀行へ転職したいと思った時、有効に働く活かせる資格について紹介をしていきましょう。

まず挙げられるのはファイナルプランナーの資格です。この資格では、投資や住宅ローンについて。他にも不動産や老後について、更に相続といった分野のお金に関する知識を有している人材であることを証明してくれる資格になります。当然に信託銀行の取り扱う商品は、その守備範囲に入っていますから、採用側からしてみても、非常に魅力的な人材だと感じることになるでしょう。ただし同じファイナンシャルプランナーの資格でも、種類が沢山に存在します。

ざっと挙げてみると、FP技能士やCFP、AFPといった資格があります。FP技能士は国家資格で後者の2つは民間資格という違いがあります。国家資格のFP技能士の資格は3段階のレベルに分けられており、3級が一番易しく、1級が一番難しい資格という風に難易度が分けられています。当然に信託銀行への転職で役立つレベルは1級のFP技能士資格になりますから、覚えておきましょう。

CFPとAFPに関してですが、これはFP技能士のランクと比較すると分かりやすいと思います。AFPが2級FP技能士のレベルと同等だとされ、CFPが1級FP技能士のレベルに該当すると言われています。またFP技能士が一度合格をすれば、ずっと有資格者として認められることに対して、CFPとAFPの場合には、資格には有効期限があり、定められた教育プログラムにおいての単位を取得しなければなりません。更新を定期的に行っていかないと、せっかくの資格も消滅してしまうことになるのです。

他にも投資銀行で使える資格といえば、証券外交員の資格になります。金融業界における証券業務を行うための資格とされ、投資銀行などに入職をした場合には、資格取得を義務付けられるといっても過言ではない資格です。前述に紹介したファイナンシャルプランナーの各資格よりも、取得していると有効とされるものですから、資格取得のチャンスがあるのであれば、確実に取得しておきたいものといえるでしょう。当然に転職の際も有利に働く資格になります。

信託銀行の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国対応 詳細


TOP

信託銀行転職の基礎

条件別の信託銀行求人

大手信託銀行の採用情報


Copyright (C) 2014-2017 信託銀行求人ナビ【※金融業界での転職成功へ!】 All Rights Reserved.