信託銀行の採用倍率

信託銀行求人トップ >> 信託銀行転職の基礎 >> 信託銀行の採用倍率

信託銀行の採用倍率

信託銀行へと転職を希望している方の中では、やはり採用倍率は気になる所ではないでしょうか。正直言って信託銀行のみならず、金融関連の企業の採用倍率は、どこも高い状況にあります。いくら有名大学などを卒業していても、新卒での採用を目指すには、非常に狭き門をくぐり抜ける必要があるとされています。転職に関しても、それは同様であり、ある程度のキャリアを積んでいる上に的確な転職活動をしなければ、信託銀行に採用されるのは難しいものなのです。

そもそも信託銀行を始めとする金融機関の採用倍率が高いのは、金融業界は就職希望者や転職希望者の憧れの業界であり、非常に人気の高い業界だからなのです。2014年の大学生を対象にした新卒者アンケートによると、日本生命が一番人気があり、次いで東京日動火災、3番目が第一生命といったように金融業界がトップ3を独占している状況なのです。信託銀行はトップ3には入っていないものの、金融業界が独占している状況なのです。

3位以降を見ていくと、4位に三菱東京UFJ銀行、5位は三井住友海上火災保険、6位に三菱UFJ信託銀行、みずほファイナンシャルグループ、三井住友銀行、三井住友信託銀行、明治安田生命保険とトップ10は全て金融業界の企業が独占いている状況なのです。信託銀行でも業界大手の三菱UFJ信託銀行と住友信託銀行がランクインしています。このように新卒者の多くが待遇面でアドバンテージを持っている金融関連企業へと就職を望んでいる状況なのです。

かつては自動車メーカーや電機メーカーといったようなメーカーに人気が集まっていたため、求人倍率はそこまで高くはなかったのですが、現在ではこのような状況になっているため、過去の求人倍率と比較しても、非常に狭き門になっていると言わざるを得ないのです。新卒者でもこの状況ですから、転職希望者向けのキャリア採用の場合には、より厳しい条件を課せられることが予測出来ます。それなりのキャリアを積み、それを上手に自分の売りとして採用側に伝えない限り、信託銀行に採用されるのは難しいと言えるでしょう。

前述までを見て分かる通り、ライバルが多い業界であるというのは一目瞭然ですね。ですから、ライバルに差をつけるような転職活動が求められます。転職エージェントを上手に利用して、あなただけのオンリーワンの個性というものを、転職活動を通じて採用側にアピールしていくことが重要といえるのではないでしょうか。

信託銀行の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国対応 詳細


TOP

信託銀行転職の基礎

条件別の信託銀行求人

大手信託銀行の採用情報


Copyright (C) 2014-2017 信託銀行求人ナビ【※金融業界での転職成功へ!】 All Rights Reserved.