信託銀行の履歴書と自己PR

信託銀行求人トップ >> 信託銀行転職の基礎 >> 信託銀行の履歴書と自己PR

信託銀行の履歴書と自己PR

信託銀行で働くためには、書類選考や試験、面接などに合格する必要があります。書類選考では履歴書や職務経歴書を送付する必要がありますが、もっとも重要となるのが履歴書の内容です。履歴書を書くのは難しいかもしれませんが、内容を簡単に埋めるだけの方や、中には空白のまま送ってしまう方もいます。しかし、これらの行為は採用される確率を低くするだけですので、絶対に行ってはいけないのです。どのような理由にせよ、履歴書の内容は充実させる必要があります。

また、履歴書は書類選考に影響するだけでなく、面接にも大きな影響を与えます。面接担当者より志望動機を始め、いくつかの質問を受けますが、その際に履歴書の内容を参考にすることがあるからです。履歴書に書いてある内容について質問される場合もありますので、しっかり受け答えできるよう対策を取ることはもちろん、伝えたい内容は盛り込むようにしましょう。

ただし、履歴書は項目が多く、全てを伝えられるわけではありません。書けるスペースも限られていますので、要点を絞り込んで記載することが重要です。特に給与・待遇などの希望条件は要点のみ列挙し、面接担当者が一目でわかるような内容にしておきましょう。

採用の是非を決める際には、志望動機が重要な鍵を握りますが、自己PRも決して忘れてはいけません。仮に志望動機が明確であっても、自己PRが不足していると不採用になってしまうおそれもあります。このため、もっとも時間を割くべきなのが自己PRです。

しかし、自己PRは何を書いても良いわけではありません。重視するべき点は、採用側となる信託銀行に、どのようなメリットをもたらすか、ということです。仮に採用した場合、どんな面で強みを発揮できるか、どういった貢献をできるかをアピールするようにしましょう。

今までの経歴や保有している資格などに重点を置いて書き、信託銀行での日々の業務にどう活かせるかアピールする方法が有効です。例えばコミュニケーション能力に強みがある場合、顧客との商談や融資相談などの場で力を発揮できます。簿記の資格や検定、経験をお持ちの方であれば、会計業務でスキルを活かすことができるでしょう。

このように、履歴書の自己PR欄では自分の強みをアピールすることが大切です。逆に自分の資格・スキルなどを列挙するだけではアピールになりません。なぜその資格やスキルが信託銀行で活かせるのか考え、深く掘り下げていきましょう。

信託銀行の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国対応 詳細


TOP

信託銀行転職の基礎

条件別の信託銀行求人

大手信託銀行の採用情報


Copyright (C) 2014-2017 信託銀行求人ナビ【※金融業界での転職成功へ!】 All Rights Reserved.