信託銀行の退職金

信託銀行求人トップ >> 信託銀行転職の基礎 >> 信託銀行の退職金

信託銀行の退職金

信託銀行への転職を考えている方には、退職金について気になっている方もいらっしゃることでしょう。入職前から退職金についてのことを考えるのは不吉な感じもしますが、やはりもらえるものならば、多くの金額を貰いたいと思うのは当然のことでしょう。信託銀行のみならず、現代の企業の中で退職金給付制度を採用している企業は、85.3パーセントと言われています。約15パーセントの企業は、退職金をもらえないということになります。

少ない確率ではあるものの、やはりもらえるものは貰いたいというのが本音ではないでしょうか。退職金の運用を商品として持っている信託銀行ですから、名の通った信託銀行であれば、当たり前に退職金を給付されることでしょう。ただし退職金については大きく分けて3種類存在しているということを覚えておきましょう。一つは、退職一時金制度というもの。次に退職年金制度というもの。そして最後はこの両者を併用している制度になります。

退職一時金制度は退職時に一括して一時金と呼ばれる退職慰労金や退職厚労省礼金、退職給付手当といったようなものが支払われる制度になります。二番目の退職年金制度というものは、企業を退職した後、一定期間か、一生涯に渡って給与のように一定の金額を年金という名目で支給していく制度になります。この両方を同時に併用していくというものもありますし、3種類全てが存在し、それを労働者が選択出来る場合もありますから、事前にリサーチしておきましょう。

更に退職年金制度は細かく分類をすることが出来ます。ちなみに退職一時金制度を採用している企業は、全体の13.3パーセントにしか存在せず、ほとんどの場合は、退職年金制度を採用しているという現状があるのです。さて、退職年金制度には、企業型と呼ばれる確定拠出年金というものと、規約型とされる確定給付付き企業年金。基金型と呼ばれる確定給付企業年金、更に厚生年金基金とに分けることが出来ます。

確定拠出年金が50パーセント、確定給付企業年金が48パーセントで大抵の企業がこの退職金制度を採用しているという現状を覚えておきましょう。信託銀行の退職金制度についてですが、当然にそれぞれの銀行によってどういった制度を用いているかは変わってきます。金額も勤続年数などによって、まちまちですから、一概にこの金額ということが明言出来ません。こういった場合、各企業に詳しい転職エージェントを利用して、気になる退職金のことをリサーチしておきましょう。

信託銀行の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国対応 詳細


TOP

信託銀行転職の基礎

条件別の信託銀行求人

大手信託銀行の採用情報


Copyright (C) 2014-2017 信託銀行求人ナビ【※金融業界での転職成功へ!】 All Rights Reserved.