信託銀行で多いストレス

信託銀行求人トップ >> 信託銀行転職の基礎 >> 信託銀行で多いストレス

信託銀行で多いストレス

通常の銀行員、地方銀の行員から信託銀行に転職してステップアップしたいと考えている人は多く存在します。信託銀行員は収入も他の企業に比べ高く設定されているところがほとんどで、また深夜までの残業、休日出勤を強いられ、サービス残業をするといったいわゆるブラック企業的な扱いをされるという話はほとんど聞きません。かと言って信託銀行の業務全てが順調で、毎日充実して仕事ができているというわけではなく、他の企業で働く人たちのように辛い面、ストレスを感じる面もあります。

信託銀行で多いストレス源はやはり他の同僚社員たちとの競争や、現代のマーケットについていけないと実力不足を感じてしまう点だと言えます。

例えば同期で信託銀行に入社した社員同士で、顧客からの信頼をどんどん得ることができ、多くの相手先を抱える社員もいれば、その逆で担当している顧客が少なく、大きな失敗をしていないものの、信頼が薄くなってしまう社員も存在します。

これは営業をして投資商品などを薦める際の話し方や、その相手の役に立ちたいと思う情熱の強さや対応の丁寧さなど人間的な部分が大きく関わっています。

信頼を得ることができる信託銀行の社員は、口コミで広まるなどしてさらに顧客の数を伸ばし、仕事もどんどんやりがいのあるものになっていきます。

そのため信託商品の知識はもちろん大事ですが、対人関係のスキルもとても重要です。同じ商品を扱っていても人によって新規客の獲得率が落ちてしまい、自信がなくなってしまうことで仕事に対してストレスを感じてしまいます。

担当している顧客数が他の同僚に比べて少ないと自信を喪失し、その結果仕事時の相手先への対応が弱々しく、相手がより信用しにくくなるという負のスパイラルに陥り、ストレスが蓄積されてしまいます。

また、対人スキルだけでなく商品に関する知識も乏しくならないよう、日々のマーケットの変化を敏感に察知して対応する必要があり、そのプレッシャーでストレスを感じる信託銀行の社員も多く存在しています。

日々のマーケットの変化に関してはお客様のほうが詳しい場合もあったり、またそんな詳しいお客様に少しでも間違った情報を流してしまえば、個人だけでなく自分が勤める信託銀行そのものの信用を失ってしまう場合があるのです。

このように対人スキルとマーケット関連の知識は常に高い水準を求められる信託銀行の社員ですので、待遇面で他の一般企業よりも優れていたとしても、信託銀行の社員独特のプレッシャーがあり、ストレスを感じている人も多く存在します。

信託銀行の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国対応 詳細


TOP

信託銀行転職の基礎

条件別の信託銀行求人

大手信託銀行の採用情報


Copyright (C) 2014-2017 信託銀行求人ナビ【※金融業界での転職成功へ!】 All Rights Reserved.