信託銀行の離職率

信託銀行求人トップ >> 信託銀行転職の基礎 >> 信託銀行の離職率

信託銀行の離職率

信託銀行を転職先として定めている方の中には、信託銀行の離職率が気になっている方も多いことでしょう。信託銀行はご存知の通り、金融業界に分類されます。金融業界は今や誰もが入職したいと思っているような人気の高い業界なのです。銀行、保険会社、信託銀行などなど、人気が高く競争率の高い転職先ばかりです。せっかく入職出来たのに、その立場を失いたいと離職する方は正直多くはありません。ですから、苦労も沢山にありますが、離職率は低いのがこの業界の特徴なのです。

離職率が低い理由はまだあります。それは信託銀行そのものが少ないということです。信託銀行をざっと挙げると、三菱UFJ信託銀行、みずほ信託銀行、住友信託銀行、中央三井信託銀行といったものがトップ4と言われている信託銀行となり、業界は非常に狭いと言わざるを得ません。つまりどこかの信託銀行に所属をしていて、その後に離職し、同じく信託銀行に転職をしようとしても、それぞれに柵などがある可能性が高く、転職が難しいという事情があると言わざるを得ないのです。

外資系の信託銀行では、JPEGモルガンやバークレイズ、UBSといった所が国内では有名な外資系信託銀行になります。また証券系や新興銀行系と呼ばれる、野村、日興シティ、新生、あおぞらといった所がせいぜいなのです。これらの大手信託銀行の子会社まで広げると、沢山の企業が転職先として見つけることは可能ですが、その他の業界と比較しても、非常に絶対数が少ないと言わざるを得ないのです。

こういったことがあるため、おいそれと離職をしてしまうと、この業界で働いていくことが難しくなると言わざるを得ないのです。こういったことを実感として把握しているため、信託銀行の離職率は低い状態のまま保たれていると言って良いでしょう。唯一離職の要因になるものといえば、前述にもある通り、覚えることが多すぎて苦労が多いということではないでしょうか。近年は大手メガバンクなどでも預金のノルマはないものの、その代わりに信託商品などにはノルマが課せられているという話ですからね。

前述で挙げた信託銀行を見れば分かる通り、基本的に財閥の名前が冠についている所が多いため、超安定企業として認識している方が多いのです。ただ業務内容を完全に把握している方は少なく、理想だけで突き進んでしまうとミスマッチを感じ、離職につながってしまう可能性もあるということは、しっかりと覚えておきましょう。

信託銀行の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国対応 詳細


TOP

信託銀行転職の基礎

条件別の信託銀行求人

大手信託銀行の採用情報


Copyright (C) 2014-2017 信託銀行求人ナビ【※金融業界での転職成功へ!】 All Rights Reserved.