50代向けの信託銀行求人

信託銀行求人トップ >> 条件別の求人 >> 50代向けの信託銀行求人

50代向けの信託銀行求人

信託銀行では中途採用も行っていますが、募集されている年齢の多くは20代〜30代です。これら年代はちょうど転職が多くなる年代でもあり、異業種からの転職希望者を積極雇用しているケースもあります。しかし、よく見られる20代・30代の信託銀行の求人は、未経験者として採用し、将来的な支店長候補・幹部候補などを育てることが目的になっています。

一方、50代の方の募集を行っている信託銀行の求人も中にはあります。しかし、なぜ50代の人材を信託銀行が求めるのでしょうか。その理由は非常にシンプルで、50代の方を募集している信託銀行のほとんどは、即戦力となる人材を求めているのです。このため、採用後はすぐに能力を発揮し、さまざまな場面において活躍できる人材を欲しがっていると解釈できます。

裏を返せば、50代で信託銀行へ転職を希望する場合、即戦力として活躍できる実力が必要になります。50代というと、すでに管理職として働いている方も決して少なくありませんので、同等の知識やスキルを持っていることが望ましいと言えるのです。銀行業や金融業界に関する知識や経験、スキルなどが不足していると、信託銀行への転職は難しいと考えられます。

信託銀行では、信託業務という一般の銀行と異なる業務を取り扱っています。信託業務は財産管理が主な目的で、さまざまな専門知識が必要になります。このため、信託業務を担える50代の人材を募集していることも珍しくないのです。50代の方が転職を希望する場合、最低でも信託業務に関する知識を有することが望ましいと言えるでしょう。

また、金融商品・不動産に関する知識や実務経験、スキルなども重要です。業務内容によっては必須とも言えませんが、株や債券、不動産などに対しての深い知識や実務経験があると、採用される可能性も高くなります。特にこれらの知識や経験を持っている方は、信託業務に関わらず幅広い業務に携われるため、即戦力として重宝されるでしょう。もし金融・不動産業界で働いた経験があるなら、非常に大きな強みとなります。

これらに加えて、ビジネスマナーも求められます。信託銀行は取引や相談など、顧客とやりとりする場面が少なくありません。特に資産家・投資家を対象に取引を行っていますので、仮に失礼な態度を取ってしまうと、取引などの交渉決裂に繋がることもあるのです。ビジネスマナーはほぼ必須となっていますので注意しておきましょう。

信託銀行の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国対応 詳細


TOP

信託銀行転職の基礎

条件別の信託銀行求人

大手信託銀行の採用情報


Copyright (C) 2014-2017 信託銀行求人ナビ【※金融業界での転職成功へ!】 All Rights Reserved.