契約社員の信託銀行求人

信託銀行求人トップ >> 条件別の求人 >> 契約社員の信託銀行求人

契約社員の信託銀行求人

近年信託銀行を含む銀行業は積極的に契約社員の採用も行っています。また、金融関係の資格はあるものの結婚を機に退職した人が、家庭が落ち着いたことから復職しようと考え、契約社員の信託銀行求人に応募するケースなども多くなっています。

総合職や一般職といった信託銀行の正社員の求人よりも入社しやすく、他の企業の契約社員の時給よりも高く設定されていることが多いため、FPや証券外交員資格を持つ層からは人気で、契約社員の求人の中でも採用倍率は高めです。

信託銀行は一般の金融事務としても多く契約社員を雇っており、各種事務手続きや受付、書類チェックや郵便物の管理など通常の銀行事務を行う人材も募集していることがよくあります。

金融関連の事務資格を持つ人たちの間でも、大企業という安心感と、休暇や残業管理が整えられていることもあり、信託銀行の一般事務の契約社員も人気です。

信託銀行業は社員への給与が平均よりも高く設定されていますが、契約社員も他の事務業などに比べて少し高めに設定されており、信託銀行を所有している企業は大企業、メガバンクがほとんどのため従業員に手厚く、正社員ほどではありませんが契約社員にも賞与を出しているところが多くなっています。

また、信託銀行の業務なので基本はカレンダー通り土日祝が休みであり、労働時間は各企業によって多少の違いはあるものの、フルタイムの契約社員の場合は残業ほぼ無しの1日7から8時間ほどです。

資格を活かして一般職員と同じようにお客様の対応をする契約社員の中には、結果を残して正社員に昇格したいと考え、契約社員であっても商品やマーケットの勉強、資格の取得などに励んでいる人が多く存在します。

また結婚して一度主婦になった女性で、金融の資格があるが子供と家庭があるためフルタイムで働けない場合、契約社員として復職する場合もよくあります。

週5日のフルタイムという長時間ではなく、週4日であったり、夫の扶養内で給与が収まるような労働時間を短縮した契約社員の募集を行う信託銀行もあり、資格を持つ主婦などの間で人気となっています。

信託銀行の契約社員も他の会社同様決められた期間での更新をして働き続けるため、正社員よりも保障的にも給与的にも劣ってしまいますが、契約社員を募集している企業の中ではトップクラスの給与と安定性のある信託銀行。

自分のスキルに合った信託銀行の契約社員の募集があれば、チャレンジしてみることをお勧めします。

信託銀行の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国対応 詳細


TOP

信託銀行転職の基礎

条件別の信託銀行求人

大手信託銀行の採用情報


Copyright (C) 2014-2017 信託銀行求人ナビ【※金融業界での転職成功へ!】 All Rights Reserved.