高収入(ボーナス有など)の信託銀行求人

信託銀行求人トップ >> 条件別の求人 >> 高収入(ボーナス有など)の信託銀行求人

高収入(ボーナス有など)の信託銀行求人

信託銀行への転職を考えた時点で、高収入ということは保証されているようなものですから、高収入の信託銀行求人という条件での転職は、あまり関係ないかもしれません。そもそも信託銀行は金融業界の中でも、金融専門職と呼ばれるものになり、専門職という以上は、それなりの知識とスキルが必要になります。ですから、当然に高収入になるのは当然といえば当然なのです。更に扱っている金額が大きいわけですから、高収入な求人が多いわけです。

金融業界全体を見ても、投資銀行で働く行員が得る収入というのは、ナンバーワンです。例えば信託銀行全体で見た場合の生涯賃金は、金融業界2億900万円といったものに対してその倍額以上である4億3200万円といった驚愕の数字をたたき出しています。平均年収でも金融業界ではナンバーワンの990万円。中央値をとってみても820万円になります。もちろん誰もがこうなれるわけではありませんが、信託銀行に入職し、的確にキャリアを積んでいけば、これだけの収入を得る事が出来るということです。

信託銀行の求人は公開されていることが少なく、参考になるとすれば、やはり新卒者の募集要項でしょう。そういったものの場合、大卒で多くても23万円前後といった条件が多いことから、覚えることが多く、身につけなければいけない労力と、多大なプレッシャーといったものを考えた時には、割にあわないと思われがちですが、入職し着実にステップを踏んでキャリアを積むことが出来れば、他の業界では獲得することが出来ない年収を得ることが可能です。

信託銀行の場合、20代の平均年収でも672万円とかなり高額で、中央値をとっても640万円前後になります。ですから20代という若い年代で信託銀行へと転職を成功させることが出来れば、将来は明るいと言わざるを得ないのです。もしも、転職求人で待遇面に納得がいかない場合でも、その後のキャリア次第では驚くほどの年収を得ることが可能です。それを証明するかのように30代や40代での信託銀行の平均年収は、格段に跳ね上がります。

30代の信託銀行の平均年収は、1200万円、中央値をとっても950万円といったデータが存在します。更に40代になれば、平均年収こそ30代とそこまで変わらず1200万円台後半といったところですが、中央値が1100万円となり、ほとんどの方が40台を迎えれば1000万円台の年収を得ることが可能ということを証明しているのです。いかに若い内に入職し、キャリアを積むかによって、年収の獲得率は変わってくることでしょう。

信託銀行の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国対応 詳細


TOP

信託銀行転職の基礎

条件別の信託銀行求人

大手信託銀行の採用情報


Copyright (C) 2014-2017 信託銀行求人ナビ【※金融業界での転職成功へ!】 All Rights Reserved.