法人営業の信託銀行求人

信託銀行求人トップ >> 条件別の求人 >> 法人営業の信託銀行求人

法人営業の信託銀行求人

信託銀行の求人を見てみると、何気に法人営業という職種を募集していることが多く見られています。その他の業種であっても、法人営業の経験があれば、後は金融関連の知識を勉強すればいいだけですから、十分に適性がある人材として認識されることも少なくないでしょう。ある意味で最も信託銀行がこの手の業界のプロフェッショナルでなくてもいい人材を募集している門戸の広い職種と言えるかもしれませんね。実際に転職エージェントなどで検索をしても、法人営業の求人は非常に豊富に見られます。

未経験者でもチャンスがあると言いましたが、信託銀行における法人営業において、向いている人材といえば、まずは財務分析力に長けている方と言えるでしょう。財務分析力とはどういったことかというと、損益計算書や賃借対照表といったものを参考にして、その割合や伸び率といったものから、それぞれの企業の収益、安全性、将来性といったものを分析することです。

分かりやすい指針を示すために、業界の標準値といったものを提示したり、場合によっては同業他社のデータを出して比較をするということも必要になってきます。基本的には決算書を簡単に読み解けるようなスキルは必須条件と言えるでしょう。ですから、営業職と同時に財務系の知識や経験といったものも必要になってくると言えます。ですから証券外務員の資格は信託銀行に入職をしてからでも取得すればいいのですが、簿記系の資格は取得しておきたいところでしょう。

営業職には関係ないと思うかもしれませんが、信託銀行の法人営業には前述の説明にもある通り、必須条件といえるのです。覚えることは山ほどにありますが、だからこそ、信託銀行を始めとして、金融業界の法人営業職は、それなりの待遇を受ける事が出来るのです。平均してみると、金融関連業の法人営業職は、大抵550万円から1100万円といったような高収入を得ているのが現実です。これだけの年収を獲得するには、一般的な企業では相当な勤続年数が必要になることでしょう。

信託銀行の他の職種と比較しても、覚えることは圧倒的に少ない部類に入ると言えます。ですから、チャンスは何気に多く存在する職種になりますから、向上心があり、何事も自分で解決するといったようなモチベーションの持ち主であれば、是非ともチャレンジすべきでしょう。転職エージェントを利用すれば、あなたの適性というものも判断してくれますし、向いているのかいないのか、足りないものは何なのかなどを把握することが出来るでしょう。

信託銀行の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国対応 詳細


TOP

信託銀行転職の基礎

条件別の信託銀行求人

大手信託銀行の採用情報


Copyright (C) 2014-2017 信託銀行求人ナビ【※金融業界での転職成功へ!】 All Rights Reserved.