一般職の信託銀行求人

信託銀行求人トップ >> 条件別の求人 >> 一般職の信託銀行求人

一般職の信託銀行求人

信託銀行から出されている求人職種の中には、一般職も目立っています。一般職とは文字通り、信託銀行のみならず、普通の企業などでもそうなのですが、定型的な一般業務を行う職種になります。一般事務や営業のような職種は、信託銀行のような職場でも当然に必要になりますから、一般職の求人は定期的に見られるものなのです。総合職と比較すると、やはり様々な職種を経験出来ない分、キャリアには乏しいと判断され、それなりの待遇になってしまいます。

しかしながら、やはりそこは金融業界ですから、一般企業の待遇と比較して、給与や休日設定。更には福利厚生面といった所では非常に充実している傾向があるため、総合職と同じように競争率が高く、求人倍率は高い傾向が見られます。こういった事情があることから、その他の業界の一般職と比較しても、やはり転職成功に必要な乗り越えるべきハードルは高いと言わざるを得ないのです。転居を伴う異動というものがないのが一般職の特色ですから、やはり人生のイベントで労働時間が左右される女性向けの求人が多いと言えるでしょう。

よく見られる信託銀行の求人スタイルでは、同じ営業分野でも、営業一般職と、営業管理職といったものに分けられています。近年で目立っているのは、中小企業や中堅企業向けのM&Aコンサルを含んだようなサービスを提供するような信託銀行です。大手や上場企業の場合には、既に入る隙間がなく、新しい顧客層をターゲットにしている信託銀行が増加している傾向が見られているのです。

そこでまず必要になってくる人材は、やはり一般営業職になります。中途採用でも、営業経験があったり、金融関連の知識などがある場合には、重宝されることでしょう。また金融の知識ばかりではなく、経営の継承についてのことや、株式の承継といったものの知識も必要とされるようです。給与は平均で450万円前後といった所が多いようですが、このラインはあくまでも最低ラインであり、経験やスキル、知識などによって当然に待遇面はアップします。

こういった案件で求められている人材や、実際に転職を成功させ、活躍している人材の多くは、生保や一般銀行などの経験者がやはり多いという共通点があるものです。様々な求人が存在しますから、転職エージェントなどを使い、それぞれの企業がどのようなサービスを提供しているのか、どういった人材を一般職に求めているのかを事前に確認するようにしておきましょう。

信託銀行の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国対応 詳細


TOP

信託銀行転職の基礎

条件別の信託銀行求人

大手信託銀行の採用情報


Copyright (C) 2014-2017 信託銀行求人ナビ【※金融業界での転職成功へ!】 All Rights Reserved.