激務ではない信託銀行求人

信託銀行求人トップ >> 条件別の求人 >> 激務ではない信託銀行求人

激務ではない信託銀行求人

信託銀行といえば、ノルマが厳しく、それを達成するまではサービス残業は当たり前といったイメージが強い方もいらっしゃることでしょう。こういったイメージが高くなっているのは、やはり能力といったものが備わっていない信託銀行という職場を完全に甘く見ていた新卒者や第二新卒者、転職希望者から出た情報と言えるでしょう。どの業界でも言えることですが、志があまりにも低い人間にとっては、ほんの数時間の残業でも、激務に感じるものです。

それにプラスして、信託銀行に関わる業務というのは、本当に多岐に渡るのです。つまりは自主的に残業をしなければ、覚える事が出来ないほどに広いジャンルに渡る勉強が必要ということです。これは残業というよりも、必要最低限に必要な努力というものではないでしょうか。信託銀行に勤めたいと思った場合、その努力の量が半端ではないということなのです。まずこれを前提に考えておかないと、激務の認識が違ってくることになります。

覚えなければいけないことが、山ほどあるような状況では、勉強をすることは当然ですし、それを仕事と思うのか、自身のキャリアのための投資と思うのかはそれぞれの価値観によって決定されます。仕事をしてその他対価として給与が発生する以上、最低限の知識やスキルは身につけなければなりません。これを仕事の範疇だと捉えた場合、信託銀行という転職先は、残念ながらどこも激務と言わざるを得ないでしょう。

一般的な感覚を持ち合わせた方が行ったアンケートにおいて、激務度が高いとされている業界は先物取引の業界や、テレビ番組の制作。更には総合商社の総合職といったものが激務と認識されています。こういったものと比較すると、信託銀行の激務度はそれ程に高くはありません。実際にこういったものをリサーチしたものの結果としては、数多くある職種の中でも信託銀行はそこまで激務の職種の部類にはランキングされていません。

同じような系統の生命保険営業や、事業者金融業、不動産関連業、MR、地方銀行、証券会社といったものと比較しても、基本的には下にランキングされているのです。そもそもが勤務時間は17時台で終了とどこの求人を見ても設定されていますし、土日祝日休日の完全週休二日制を採用している所がほとんどなのです。ですから、信託銀行で働くためのスキルや知識を得るまではそれなりの苦労が必要なものの、それさえ身につけてしまえば、決して激務な転職先とはいえないのです。

信託銀行の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国対応 詳細


TOP

信託銀行転職の基礎

条件別の信託銀行求人

大手信託銀行の採用情報


Copyright (C) 2014-2017 信託銀行求人ナビ【※金融業界での転職成功へ!】 All Rights Reserved.