総合職の信託銀行求人

信託銀行求人トップ >> 条件別の求人 >> 総合職の信託銀行求人

総合職の信託銀行求人

信託銀行の求人を見ていると、募集職種に総合職と明記されていることが多いことに気がつくでしょう。そもそも総合職って何?という疑問をお持ちの方も多いと思います。総合職は何も信託銀行に限られた職種ではありません。基本的にそれぞれの人材の適性が分からないため、様々な部門の仕事を経験させ、そこから適性を測って適材適所な部署へと配属させることを前提としているパターンと、それこそ少数精鋭で広く深く業務に携わってほしいという思惑から総合職という大枠で募集をかけているケースが挙げられます。

さて、信託銀行の場合ですが、総合職の意味合いとしては、前述にある後者の方だと思っていた方がいいでしょう。基本的に金融関連の職種というのは、幅広い知識やスキル、技術といったものを求められ、少数精鋭であることが多いものです。ですから、一人一人の行員が特定のジャンルどころか、総合的に高いスペシャリストであるべきという考えがあるのです。

総合職としては、個人及び法人営業といった営業職がメインにしている所が多いです。他にも投資運用業務であったり、市場リスク管理といった業務。システム企画や開発などに関わる業務、内部統制業務。業務支援などの業務を総合職として募集していることが多く見られます。企業融資であったり、有価証券等の投資運用業務など具体的な業務内容までに掘り下げると、非常に幅広い業務を担当することになります。

信託銀行の総合職というのは、このように高いスキルや知識、経験を求められるものです。そのため、前職までの職歴において、これらの業務の中でも、何かしたの実績を残しているかどうかが採用・不採用を左右することになるでしょう。ただ冒頭にあるようなまだまだ未開の人材であり、適材適所を図ろうとする意図もゼロというわけではないため、前職が信託銀行以外でも、チャレンジ出来る可能性のある職種とも言えるでしょう。

とにかく信託銀行の採用枠は、一般的な他の業界の職種と比べ、門戸は非常に狭いと言わざるを得ません。あまり有名ではない信託銀行であっても、行員一人当たり200億円の資産を抱えているということも珍しくはない業界なのです。それだけに失敗は許されませんし、それなりの覚悟を持って業務を行っていく必要があるということだけは、しっかりと肝に銘じておきましょう。こういったことを把握していれば、自然と適切な転職活動の行い方は分かってくるものなのです。

信託銀行の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国対応 詳細


TOP

信託銀行転職の基礎

条件別の信託銀行求人

大手信託銀行の採用情報


Copyright (C) 2014-2017 信託銀行求人ナビ【※金融業界での転職成功へ!】 All Rights Reserved.