中央三井信託銀行の採用情報

信託銀行求人トップ >> 大手の採用情報 >> 中央三井信託銀行

中央三井信託銀行の採用情報

中央三井信託銀行の場合には、基本的には、住友信託銀行と同様に同じ三井住友信託銀行に統合されているため、ホームページ上で随時幅広く募集を行っている珍しいタイプの信託銀行になります。それぞれにリテール、ホールセール、マーケット、不動産、受託、証券代行といった6つの事業を柱にして事業展開をしており、グループ会社を含めると、実に33社にも登ります。これは非常に多くの歴史が絡んでくるため説明すると長くなるのですが、リテール、不動産、証券代行といった3つの部門に強いとされています。

リテールや不動産、証券代行といったものをターゲットにしている場合には、中央三井信託銀行はお勧めの信託銀行と言えるでしょう。リテール事業は、資産運用や管理、承継といった多岐に渡るニーズに応え、それぞれにマッチしたソリューションを提供するといった役割を担っている部門です。具体的な業務内容としては資産運用のコンサルティングや個人ローンの相談。他にも近年では需要が高まっている遺言信託や遺産整理業務なども行っています。

次に不動産事業ですが、不動産仲介などの提案や有効活用のコンサルティングといったもの。不動産ファンドの組成といったものなど、とにかく不動産に関しての総合コンサルティングを展開している状況です。財務コンサルティングや不動産信託の受託者や開発者として、他にも不動産顧問としてアレンジや投資家といった様々な顔を持てる人材を求めています。

証券代行に関しては、業界最大規模とも言われている受託基盤を有しており、そこから取得できる様々な情報を利用して、配当金計算や単元未満株式の買収と言った業務を行っていきます。他にも上場サポートなどの業務にも定評があり、幅広い活躍の場が用意されている状況です。中央三井信託銀行の場合も、GコースとAコースの採用体系を採用しており、転職希望社のキャリアパスの実現を一番に実現出来るような採用スタイルを取り入れています。

GコースとAコースの違いを簡単に説明すると、Gコースは全国転勤型、Aコースは地域限定型となっています。Gコースの方が高いレベルを求められ、Aコースでも専門的な知識やスキルは求められるもののGコースよりは、優しいといったような条件になります。細かい条件については、ホームページ上などでは明記されていませんから、信託銀行の転職求人に強い転職エージェントに登録をして、詳細をリサーチしていきましょう。

信託銀行の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国対応 詳細


TOP

信託銀行転職の基礎

条件別の信託銀行求人

大手信託銀行の採用情報


Copyright (C) 2014-2017 信託銀行求人ナビ【※金融業界での転職成功へ!】 All Rights Reserved.