日本トラスティ・サービス信託銀行の採用情報

信託銀行求人トップ >> 大手の採用情報 >> 日本トラスティ・サービス信託銀行

日本トラスティ・サービス信託銀行の採用情報

日本トラスティ・サービス信託銀行は、2000年に旧・大和銀行と旧・住友信託銀行の共同出資で誕生した信託銀行です。事業内容は投資信託や年金資産、各種証券の管理になっています。定期的に中途採用も行っており、金融業界の人材を中心に雇用しているのが特徴です。

日本トラスティ・サービス信託銀行は各種資産管理・信託業務が主な業務となっているため、金融商品や資産運用に関する知識を持っているかどうかが採用のポイントになります。日本トラスティ・サービス信託銀行は特に資産管理部門がメインの業務です。このため、仕事をするためには投資信託を始めとする金融商品の知識が必要になります。実務経験はもちろんのこと、どの程度金融商品・資産運用についての知識を有するかも採用の大きな決め手となるでしょう。逆にこれらに関する知識を持っていないと、採用自体が非常に難しくなると言えます。

金融業界での実務経験は必須ではありません。志望動機も採用の明暗を分ける要素です。仮に知識や経験を持っていたとしても、あいまいな志望動機だった場合は採用される可能性も低くなるでしょう。なぜ日本トラスティ・サービス信託銀行を志望するのか、しっかりと理由を明確にしてから面接に挑むことが大切です。銀行業務や金融業界に興味を持っている方も、志望動機ははっきりさせておく必要があります。何に魅力を感じて応募したのかを考えてみましょう。

しかし、募集されている業務によっても採用基準が異なります。日本トラスティ・サービス信託銀行は資産管理が主な業務ですが、日々の業務では事務処理やシステム運用、営業や顧客対応など、さまざまな仕事をこなすことになります。そのため、金融商品の知識のほかにも、事務やパソコンを扱うスキル、対人能力、ビジネスマナーなども必要になるでしょう。color:#ffff99">中途採用では、即戦力となる人材を求めていることが多いため、幅広い業務で活躍できる人材が特に重宝される傾向にあります。

資格が重視されることも珍しくありません。特に金融関係や資産運用に関する資格は大きな強みとなり、採用に大きく働きかける可能性を秘めています。日本トラスティ・サービス信託銀行の募集内容にもよりますが、資産管理部門で勤務する場合、これらの資格をアピールすると良いでしょう。資格は日本トラスティ・サービス信託銀行で働く際に必須となるわけではありませんが、経験と同じようにアピールポイントとなります。

信託銀行の求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国対応 詳細


TOP

信託銀行転職の基礎

条件別の信託銀行求人

大手信託銀行の採用情報


Copyright (C) 2014-2017 信託銀行求人ナビ【※金融業界での転職成功へ!】 All Rights Reserved.